改葬許可の(お墓の引越し・お墓の移転)申請手続から改葬許可証受領まで確実にお手伝いいたします。

サイトマップ お問い合わせ
lトップ | 改葬手続き | 樹木葬 | ご依頼・費用 | 事務所案内| リンク |



 改葬手続きについて


お墓の引越し(改葬)とは

今あるお墓(ご遺骨)を新しい場所に移すことを
「改葬」といいます。
改葬を行うには、現在のお墓(ご遺骨)が埋葬・収蔵・安置されている該当市区町村に対し、
改葬の許可申請を行い、改葬許可を受けなければ改葬することはできません。

因みに外国で死亡して、火葬後に日本国内で埋葬(納骨)するときも改葬許可の対象となります。


改葬の法律手続について

新しくお墓や納骨堂を購入するなどで、現在墓地などにに埋葬、納骨堂に収蔵又は寺院等に安置されているご遺骨を別の場所にうつすには、改葬許可証が必要です。

お墓の引越し(改葬)は
「墓地・埋葬に関する法律(昭和23年法律第48号)」の「墓地,納骨堂又は火葬場の管理及び埋葬等が,国民の宗教的感情に適合し,且つ公衆衛生その他公共の福祉の見地から,支障なく行なわれることを目的とする」に沿った規定に従った手続きが必要です。

改葬するには該当市区町村長の許可が必要で無許可で改葬をした場合、罰則の規定もあります。

一般的な手続きの流れは、次のとおりになります。

「改葬許可申請書」の様式は該当各市町村で異なります。
  必要な書類の種類も一律ではありません。現在のお墓のある該当市町村に確認する必要があります。

1.新しいお墓の確保と受け入れ証明書の発行

移転先の確保として、新しいお墓を新規に購入します。そのお墓の管理者に「受け入れ証明書」
(永代使用許可書)の交付を受けます。

改葬許可申請者(お客様)と改葬先の墓地使用者が違う場合は、墓地使用者の
「埋蔵承諾書」が必要です。

例えば、お嬢様が嫁ぎ先のお墓にいったん埋葬した親御様のご遺骨を、ご実家のお墓にご遺骨を移したい場合には、改葬許可申請者(お嬢様)とご実家のお墓の墓地の使用者は違いますので、ご実家のお墓の使用者からの「埋蔵承諾書」が必要になります。

2.埋葬証明書の発行

現在のお墓の管理者(寺院:住職、霊園:管理事務所、共同墓地:管理者)から「埋葬証明書」(納骨証明書など種類は他にもあります)の交付を受けます。

新しいお墓の管理者から「受け入れ証明書」を発行してもらい、現在のお墓の管理者(管理事務所)に提出します。これを提出し、すでに納骨されております遺骨の「火葬許可書」または「埋葬許可書」の返却を受けます。(ただしすでにお客様自身でお持ちの場合は除きます)。

3.改葬許可証の発行

これら2つの証明書を用意したら、現在のお墓がある該当市区町村対し、に「改葬許可申請書」と
先の2つの証明書類を添付提出して
「改葬許可証」の交付を受けます。
申請書作成に際して、現在埋葬されている死亡者(遺骨や遺体)の本籍、住所、氏名、性別、死亡年月日の記入が必要です。お手持ちの資料等で明確にならない場合、除籍簿等で戸籍の調査をします。古い遺骨などで本籍や住所、死亡年月日などが不明であるが、死亡地や火葬を行った場所が分かる場合は、死亡地または火葬を行った市区町村に問い合わせて当該事項を確認します。

現在お持ちの
「火葬許可書」「埋葬許可書」は、該当市町村によっては受け入れ先住所を記載する必要があります。受け入れ先住所は、役所にて更新しますが、そのとき受け入れ先墓地・霊園の「受け入れ証明書」が必要になります。他県や他の市区町村へ移動するときも同様です。この場合、「埋葬許可書」を受け入れ先の市区町村役場で発行してもらう場合もあります。もし「火葬許可書」「埋葬許可書」をなくしてしまった場合、各市区町村にて「埋葬許可書」を再発行してもらいます。

但し、この場合には親族を含む当時埋葬に立ち会った数人を集め、「現墓所に埋葬したことを証明」しなければなりません。再発行には数人の立会人のご印鑑をいただくようになる場合もあると思いますが、各市町村により詳細な取扱は異なります。

この火葬許可書や埋葬許可書なしでのご遺骨の移動は法律上禁止されており、注意が必要です。

4.埋葬許可の承認

改葬許可証を受領後、この改葬許可証を新しいお墓の管理者に提出することによって、改葬するご遺骨を新しいお墓・納骨堂などへ埋葬することが可能になります。


※改葬先の場所は、通常は次の(A)(B)どちらかであることが必要です。

(A) 都道府県知事の墓地経営許可を受けた墓地・納骨堂等である事。
(B) 「墓地、埋葬等に関する法律」施行日(昭和23年5月31日)の前から使用されていた墓地である


改葬の一般的な手続について(宗教行事は宗教や宗派によって異なります)

現在のお墓でおこなう供養

埋葬されているご遺骨を引き上げる際は、僧侶に「お魂抜き(閉魂供養)」をお願いします。
お魂抜き(閉魂供養)は、お墓から仏心を抜き、墓石を元の石に戻す大切な儀式です。墓前での僧侶の読経を中心とした比較的簡素な儀式で、身内でおこなうことが一般的です。
お魂抜き(閉魂供養)の後、ご遺骨を納骨棺より引き上げ(改葬許可証を提示する必要があります)、既存の墓石は無縁墓石として撤去処分または移動して墓地を整地する手配も必要です。

新しいお墓でおこなう供養

改葬するご遺骨を埋葬する際は、僧侶に「お魂入れ(開眼供養)」をお願いします。
お魂入れ(開眼供養)は、お魂抜き(閉魂供養)と正反対の儀式で、石に仏心を入魂する法要です。
一般的にはご遺骨を埋葬(納骨)する当日に「納骨供養」と同時におこなうことが多いようです。

各地方の慣習や宗派による違い等を十分に考慮されて手続きをなされることが肝要です。
お寺などでは住職、檀家総代の方に相談されるのも宜しいのではないかと思います。


改葬には該当しない場合(改葬許可は不要です)

分骨をする場合

分骨とは、ご遺骨を分けて他の墓地・納骨堂に移すことを言います。
(例えば、親御様のご遺骨を兄弟姉妹間で分けることなど)
分骨しようとするときは、納骨している墓地、納骨堂の管理者が発行する分骨した事実を証明する書類をもらいます。(分骨証明書・埋葬許可書・火葬証明書等)

分骨した遺骨を納骨するときは、分骨した事実を証明する書類を新しい墓地、納骨堂管理者に渡します。

ご遺骨を洗骨などをして現在のお墓に戻す場合

埋葬されていたご遺体を火葬して現在のお墓に戻す場合

墓所が広くて複数のお墓が建っているケースでひとつのお墓にまとめる場合
(寺院・墓地等の管理者の許可は当然、必要となります)

などの場合には市区町村からの「改葬許可証」の交付を受ける必要がありません。



埋葬されたご遺骨を他の墓地や霊園、納骨堂などに移すときは、改葬許可申請手続きが必要です。

「改葬許可」代行のお申し込み、お問い合わせは下記の24時間365日メールフォームまたは
 お電話03-3489-1445 (平日・月〜金 9:00から17:00) 
    090-3932-1349(土日祝も休まず7:00から22:00) 担当:古林まで

    



      | トップ | 改葬手続き | 樹木葬| ご依頼・費用 | 事務所案内| リンク |