改葬許可の(お墓の引越し・お墓の移転)申請手続から改葬許可証受領まで確実にお手伝いいたします。

サイトマップ お問い合わせ
lトップ | 改葬手続き | 樹木葬 | ご依頼・費用 | 事務所案内| リンク |



 樹木葬について

樹木葬とは?


1999年に日本で初めて岩手県の祥雲寺が美しい里山を残すという主旨で始めた埋葬形態です。
墓石を使用しないで墓碑を樹木に捉えます。
ご遺骨を直接に土の中に埋め、そこに花木を植え墓標にする葬送方法です。
樹木葬は、現地に自生する苗木や花を植えた里山を区画し、そこにご遺骨を埋葬する葬法です。
大きな墓石を設置せず、墓碑として樹木を植裁するため、外観は自然の里山とほぼ変わりません。
樹木葬は、都道府県知事から墓地として認可された山林墓地に、お骨を埋葬しますので、散骨のようにご遺骨を2mm以下に粉砕する必要はありません。
ご遺骨は次第に土に還り、その土を縁として、墓石の代わりに植えた樹木が毎年花を咲かせながら成長していきます。、自分らしく生きたいという価値観が広まるにつれ、自然に帰りたいという故人の意志を尊重する風潮も近年、強くなってきているようです。            



新しい葬送―桜葬


2005年に日本で初めて東京都町田市のいずみメモリアルパークで桜葬墓地が生まれました。
桜葬は樹木葬の一種ですが、埋葬した区画に一本の木を植えるのとは異なり、桜の木を植えた墓域に個人や家族、友人同士で眠る(ご遺骨を埋葬する)という主旨で始められた葬法です。


「自然に帰る」「死後も大樹となって生き続ける」
「墓標は桜、 同じ思いの人と自分らしく葬られ、自分らしく眠りたい」
「子孫がお墓を継承していくかどうかは、子孫自身の意志を尊重したい」
「自分の人生は没後も自身で責任を持ち、子孫には負担をかけたくない」
「お墓を建てても管理したり維持していく継承者がいない」


などの理由から、高額な初期費用が掛からない質素な樹木葬や桜葬を選ぶ方が近年、増えているようです。



永代供養墓とは?


永代供養墓とは、一生涯独身の人や子供のいない夫婦など、お墓の承継者がいない人のために、墓地などを提供し、管理・供養等を寺院や霊園側など管理者が永代にわたって行うお墓のことです。
お墓の承継者がいない方にとつては、無縁墓になるという不安からお寺・公園墓地等からお墓の購入が難しいという現状に、お墓の承継者がいない人たちもお墓を利用できるように考えられたものです。
墓地は、通常、承継者がいないと契約できませんが、永代供養墓は、承継者がいなくても、生前に契約ができるということ、共同墓に合祀するものや納骨堂を利用する場合には墓石代等が不要になるため、費用は安くなるなどが最大の特徴です。
※合祀とは永代供養塔など、一つのお墓に複数以上の方を埋葬することです。


現在のお墓から樹木葬・桜葬にご遺骨を改祀する場合には改葬許可申請手続きが必要となります。
現在のお墓から永代供養墓にご遺骨を改葬する場合には改葬許可申請手続きが必要となります。
これらに伴う改葬許可申請は行政書士が責任申請の当代行サービスにお任せ下さい。


行政書士には行政書士法で厳しい守秘義務が課せられておりますので安心してご依頼頂けます。


「改葬許可」代行のお申し込み、お問い合わせは下記の24時間365日、メールフォームまたは
 お電話03-3489-1445 (平日・月〜金 9:00から17:00) 
    090-3932-1349(土日祝も休まず7:00から22:00) 担当:古林まで

    



      | トップ | 改葬手続き | 樹木葬 | ご依頼・費用 | 事務所案内| リンク |